バイアグラ 通販 購入

本物しか扱わない通販である理由

100%正規品保障・100%配達保障の個人輸入



バイアグラ100mg 1箱4錠入り 最安=1箱5,697円〜 


バイアグラ100mg個人輸入代行
病院・医者が購入するほど信頼のある個人輸入代理店です。
バイアグラ1錠で価格を比較してみると、

病院処方の場合
バイアグラ50mg1,500円+診察料
個人輸入の場合
バイアグラ100mg=最安1錠 1,210円

つまり個人輸入なら50mgあたり605円と、病院処方の半額以下で購入できます!


日本国内では、25mgと50mgの用量しか厚労省から認可が下りていません。

しかしアメリカなど国外では100mgまで認可を得ていますので、安心してご購入ください。


全品送料無料・カード払いOK!


>>バイアグラ100mgの詳細はこちら<<

ED治療薬バイアグラとは?

バイアグラは、世界的にも有名なED治療薬のひとつであり、20代〜中高年世代の男性をはじめとして、様々な悩みを持つ人々からの注目が集まっています。

バイアグラは、ほとんどのケースのEDに効果があることが分かっており、全国の医療機関で積極的に処方されるようになっています。

ED治療薬の効果に期待をしたい場合には、知識や経験が十分な医師や薬剤師にアドバイスを求めることが有効です。

そして、錠剤の飲み方のタイミングに関しては、くれぐれも正しく抑えておくことが望まれています。

バイアグラのメリットについて興味を持っている場合には、実際にこうした薬剤の効果を実感することができた人から、いろいろな情報を教えてもらうことが良いと言えます。

ED治療薬バイアグラが誕生前のED治療とは?

ED治療であるバイアグラ・レビトラ・シアリスの発売以前にはどの様なED治療が行われていたのでしょうか。
当然ながら昔にもEDで悩んでいる患者はいたわけであり、多くの人は泌尿器科を受診していました。

その場合には医師は勃起不全の原因を心因性によるものと器質性によるものに分け、それぞれに適した治療法を行います。
心因性のものではカウンセリングを行い精神的な不安を取り除くことで症状の改善を図っていきます。

また器質性の病気の場合には多くが生活習慣病に関係しているため、生活習慣や食生活を改善することによって回復を図っていきます

しかし、これらの方法は劇的な改善にはつながることはないため、効果的な治療法とはいえませんでした。
現在はバイアグラが発売され治療方法は大きく変わってきています。

バイアグラの効果

バイアグラの持続時間は、個人差の影響を受けやすいと言われていますが、数あるED治療薬の中でも抜群の力を発揮することが良く知られています。

特にバイアグラの飲み方が変わるだけで効果の出方が違ってきますので、飲み方には注意が必要です。

バイアグラの特徴をきちんと見極めることにより、各自の体調の悩みをしっかりと解決するうえでも有効です。
バイアグラを処方してもらうには、泌尿器科などが併設されている病院やクリニックを訪れることが必要です。

そして、医師との問診や血液検査をおこなうことで、理想的な薬剤を紹介してもらうことが望まれています。
EDの治療法について迷っている人は、決して少なくないと言われており、治療のコツをつかみたい場合には、名医の在籍しているクリニックを地道に調べてみることがポイントとされます。

バイアグラの効果は一時的

バイアグラは勃起不全の特効薬として多くの男性から指示されている薬です。
正しい薬に使用方法としては、性交渉の30分から1時間前に服用すれば
性交渉の時に勃起がしやすいように血流を促進させることで勃起を強制的に行います。

しかし、バイアグラの効果はずっと続くものではなく、勃起不全の根本治療や体質を改善するものではありません。

つまり、バイアグラを服用することによりEDの根本解決を目的としたお薬ではありません。
ただし、勃起できず女性になじられたことが自信喪失につながりEDの症状が出たなど、トラウマ的な原因
の場合、バイアグラを服用することで、性交渉に成功したという自信が回復し、トラウマの呪縛から解放された結果バイアグラを使用しなくても勃起できるようなになることもあります。

しかし、このようのケースは少数派で、やはりバイアグラでの根本的な解決は難しくあくまでも一時しのぎ的な効果となります。

服用することで即効性があり、勃起力の衰えで性交渉ができなくなってしまい、自分自身に自信を失ってしまったという男性にはとても魅力的なお薬ではありますが、服用しなければその効果を期待することはできませんので、EDからの回復を求めてバイアグラを服用するのであれば目的が異なっていますのでご注意ください。

又、バイアグラは一時的に勃起を促す薬です。
よって、射精に至れば、通常の勃起と同様に元のサイズに戻ります。
しかし、勃起がいつまでもおさまらない場合は持続勃起症の可能性がありますので病院に行ってください。



クエン酸シルデナフィルの作用

クエン酸シルデナフィルは経口摂取できる薬品であり、男性の勃起不全治療薬として非常に効果的です。性的刺激下において、サイクリックGMP(cGMP)が発生すると勃起現象が起きますが、酵素の一種であるPDE-5がその活動を阻害するのが勃起不全の一因です。

クエン酸シルデナフィルはPDE-5の活動を抑制する効果があります。

PDE分の効果は男性器に集中しており、この活動を抑制することで血管平滑筋内サイクルGMP量を増加し、血管が拡張され、男性器が大きく力強く機能するようになるのです。

糖尿病や脊髄損傷などによる勃起不全治療薬として医療機関でも処方されており、挿入の可能性を高め、勃起を維持する効能が認められています。

バイアグラの病院処方の流れ

バイアグラの病院処方の流れとしては、医師による問診や血液検査、遺伝子検査などが行われることがあります。

その他、それぞれの医療機関における専門的な検査を用いることにより、病気の原因が心因性EDなのか器質性EDなのか?など特定することが勧められています。

バイアグラは、泌尿器科などが併設されている病院で度々処方されることがありますが、バイアグラの副作用や安全性の高さについて、前もって理解を深めておくことが良いと言えます。

バイアグラの効果や服用量などに興味を持っている場合には、無料のカウンセリングなどに申し込みをすることが有効です。

また、最初からバイアグラの通販を購入される方がいますが、最初は病院で診察を受けてからが良いでしょう何故なら、EDに原因が元々ED治療薬で勃起できない別の理由が原因である場合もあるからです。

さらに、持病高血圧糖尿病脂質異常症)などバイアグラが大きな影響を与える場合もあるので、特に持病がある場や前立腺肥大症の治療中の場合は医者への相談が重要になってきます。

現在では、ED治療に取り組んでいる男性が国内に急増していると言われており、中高年者にとって大きなテーマとして位置付けられています。

ただ、ED治療は自由診療のため病院によって診察料金やバイアグラの価格が異なります。
安い病院では、初回のみ診察台がかかり以後は薬代だけというところもありますし、大手の男性専門クリニックでは、1回の診察に3万円もかかるところもあります。

よって、治療前にバイアグラの購入価格を調べておくことをおすすめします。

バイアグラを個人輸入する際に注意する点

バイアグラは医療機関で処方してもらうことができますが、そのほかのバイアグラの購入方法として個人輸入で購入することができます。

個人輸入は代行業者を通じて購入すれば自宅からインターネットで簡単に購入手続きができ、より低価格で購入できるのもメリットです。
医療機関に足を運べないときなどはとても便利ですが、やはり注意も必要です。
まずこうした購入方法は、個人が使う目的で入手すること、1回に注文できる量にも制限がありますので、よく確認しておきましょう。

そして、個人輸入ではときには偽薬が販売されていることもありますので、正規品保証のある実績と信頼のある業者を選ぶことが大事です。
それから国内では50mgまでの処方ですが、海外では100mgのものも販売されていますので、そうした薬の場合は分割して飲むなどの工夫も必要です。

又、インターネットのバイアグラ通販だとジェネリックカマグラなどの購入も可能です。

ED治療薬を比較する有効性

男性の勃起不全の改善にはED治療薬が良い効果をあげてくれます。
どの薬も血流を改善させ、勃起を得やすくするのに役立ちますが、それぞれ違った特徴を持っています。
選ぶ際はそれぞれの特徴をよく比較して好みに合うものを選んでいきましょう。

まず、効果が出る時間の早さにも違いがあり、穏やかに効いてくるタイプもあれば、短時間で良い効果を発揮してくれるものもあります。

そして効果の持続時間についても5時間程度のものもあれば、36時間と長期に作用するタイプもあり、飲むタイミングによっても向いている薬は違いがあります。

さらに食事の受けやすい薬もあれば、あまり食事の影響を受けない薬もあります。

副作用の強さも薬により違いがありますので、こちらもよく比較しておきましょう。

EDの原因は加齢だけでない

中年と言われる世代に入った男性にEDの障害があらわれ始めたらまずは加齢を疑うでしょう。
【俺も年だな・・】と肩を落とす人が多いのではないのでしょうか?

しかし、EDの原因は男性ホルモン低下する加齢だけではありません。
以下のような原因も考えられます。

・糖尿病
・肥満
喫煙
・動脈硬化
・ストレス
・睡眠不足
・自転車
うつ
思いあたることありませんか?

生活習慣病とEDは、密接な関係があります。
生活習慣病は高血圧や糖尿病、動脈硬化などを自覚症状がないため、どんどん進行していく厄介な病気です。

自覚症状があまり出ない生活習慣病ですが男性の場合はEDの症状が出る場合があります。
それは、陰茎を通る血管が極細のため動脈硬化により血液が流れにくくなると海綿体に十分な血液を溜めることができずEDになるからです。

もしも、勃起症状に不安を感じる場合には、生活習慣病の疑いがあるので、その場合は生活習慣を見なすことでEDの症状も改善できる可能性があります。

このように生活習慣病とEDは密接に関係があり関係ないというのは誤解なのです。

ED治療薬で勃起不全が改善されなかった場合は?

勃起不全の改善方法は飲み薬だけではありません。
バイアグラ以外にも、ペニスに直接アプローチするやり方がいくつかあります。
ICI療法といわれる治療法ですが、ペニスの海綿体に血管を拡張を促す薬剤を直接注射して強制的に勃起の状態にする方法です。

特徴としては性的な刺激がなくても勃起することができ、その状態を数時間維持することが可能です。
また陰圧式勃起補助具して勃起状態を作り出す方法もあります。しかしこの方法の場合には勃起不全を改善するというよりは、補助具を使って人為的に勃起をする手助けをする方法といえます。

最終的に勃起不全の改善ができる見込みがない場合には、海綿体を除去してそこに人口で勃起をすることができる装置を埋め込むというやり方もあります。
これらの方法は医師と相談して選択しましょう。

不妊治療とED治療薬

EDが原因で不妊になっている場合、ED治療薬を使って妊娠した場合に赤ちゃんに悪影響はないか?と心配している方もいるといます。

例えば、EDの男性がED治療薬を服用したことで、受精が可能となり妊娠したとします。
その際に射精に含まれている精子はすでに製造されてた精子が精巣に溜まっていたにすぎず、なんらかのED治療薬の影響で作られた精子ではありません。

ED治療薬の役目は、陰茎の動脈を拡張する働きであり、精子や精子の量を多くするなど精巣に働きかける訳ではありませんので、赤ちゃんへの直接的影響は心配する必要はありません。

つまりED、治療薬は、精子をどうこうする薬ではなく、精巣にたまった精子を射精ができるために勃起状態に導く薬です。

だからこそ、婦人科でも不妊の原因が男性のEDが原因だという場合はED治療薬を処方されるのです。

EDが離婚の原因になっているって本当?

芸能人の離婚も連日テレビで放送され、実際に日本の離婚率は年々上昇傾向にあります。

原因はそれぞれありますが、その中でも性の不一致(パートナーのED)を理由とする離婚も増えつつあるようです。

夫婦関係が円満である為の重要な手段のひとつが性交です。コミュニケーションを取り、多くの会話をする事で夫婦関係がより深まるといった意味合いもあるでしょう。

そう考えるとEDであることが本当に直接の離婚の原因、という訳でもないのですが、離婚が認められる条件の一つ、『婚姻を継続し難い重大な理由』に該当することは確かです。

男性特有の悩みであるEDはそもそも女性には理解されにくいものですし、恥ずかしさや男性としてのプライドという点から男性側からもパートナーに相談や打ち明けがしにくいものです。

お互いに分かり合うような話も出来ないまま、ほしい子供も出来ず耐え兼ねて女性から離婚を切り出される…そういったケースも少なくありません。

EDで離婚を切り出される前にバイアグラを飲んでみるのはどうでしょう?
ただ、飲むだけで離婚が回避されるならこんな喜ばしいことはありませんよね

 

サイトマップ